手すりの重要性

空と崖っぷちの家

家庭にあればいいな、と思ったら

高齢者になると、階段の上り下りや歩行がしづらくなります。また、足腰が弱まるので、移動の際は支えが必要になってきます。ですから、家庭でも手すりなどがあれば、高齢者にとっても生活しやすくなります。では、手すりを取り付ける際、注意すべき点はどのようなものなのでしょうか。手すりを取り付ける時のポイントは、まず、主に使用する人が立ち会いのもとで、手すりの取り付けを行うことです。この時、取り付け位置が、使用者の使いやすい位置に合うようにしましょう。そうすることで、安心して使用者が手すりを掴むことが出来ます。また、手すりは丸みを帯びた形状のものを選びましょう。先の尖ったものなどは、尖った部分が衣服をひっかけてしまう場合があるので危険です。

手すりはDIYでも取り付け可能

さて、手すりの取り付けと聞くと、工務店などの専門業者に頼まなければ出来ないイメージがありますが、実はDIYとして、どなたでも簡単に取り付けることが出来るのです。手すりの金具は豊富に揃えられており、道具とパーツを用意すれば、簡単に作業をすることが出来ます。取り付けの際は、道具や材料を調達する必要がありますが、専門業者に取り付けを依頼するよりも、かなり費用を抑えられると考えられます。また、DIYなら自分の思い通りに取り付け作業をすることが出来るので、使用者の意見を身近に聞きながら、手すりを設置することが可能です。そして、作業方法なども、インターネット上に詳しく解説されていますので、DIYの知識が深くなくても取り組みやすいでしょう。手すりの取り付けをお考えの際は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。