手すりの重要性

空と崖っぷちの家

高齢者になると足腰が弱くなることから、移動が大変になってきます。特に階段の上り降りは大変なので家の中に手すりをつけることにより、歩行を楽にすることができます。手すり取り付けはDIYや工務店に頼んで行うことができます。

Read more

防音機能を使う

工事中の室内

外からの音がうるさい場合や、自分で音楽を楽しみたいという場合は部屋に防音機能をつけるということができます。壁の材質の変更や、窓の変更で高い防音効果を得ることができます。

Read more

不調が起こる前に

家と大工

ブラインドを専門に扱っているお店や、業者の方にお任せをする

ブラインドは、カーテンとは違ってさまざま部品を使用して作られていますので、どこか一部分でも故障してしまうと動かなくなったり、機能が悪くなったりします。異常があるまま使用し続けていると、全体修理もしくは買い替えなければならなくなるかも知れませんので、少しでもいつもと違って使いにくいと感じたら、専門の方に修理を依頼する必要があります。ブラインドのクリーニングを請け負っている業者は、修理もしくれますので、そのような専門業者にお願いする方法もあります。ブラインドの専門店でも修理を行っているところがありますので、購入店に相談できるのであれば一度確認をしてみても良いでしょう。一般的なブラインドの部分的な修理であれば、費用はそれほど高くはありませんので、気軽に専門業者や専門店に問い合わせてみることが望ましいです。

主に故障しやすい部分の修理代金について

ブラインドの故障しやすい部分から順に修理・交換費用の相場をご説明します。ブラインドを使用する時に最も使う部分の操作コードは、ブラインドを上下させるときに使うので、長い間使っていると、切れてしまったり、切れそうな状態になることがあります。このような場合は、操作コードを交換してもらいます。600円くらいでしてもらえるところもありますし、4000円くらいかかるところもあります。羽が折れ曲がってしますこともよくありますが、羽が3枚以上折れているのであれば、交換をした方が良いです。羽一枚の取り換え費用は、2500円から5000円くらいと、業者によってさまざまです。ブラインドの羽の向きを変える用のラダーコードは、交換であれば4000円以上ですが、補修で済めば500円くらいでしてもらえます。ブラインドの羽の中を通っている昇降コードは、ブラインドの上下によって切れやすいので、交換が必要になります。一か所4000円くらいからしてもらます。費用が安いところは、出張費が別で5000円くらいかかったりもしますので、出張費と交換の材料費などの必要経費の合計で、お得な業者なりお店に依頼すると良いです。

水道のトラブル

きれいな室内

生活の中で水は欠かせないものです。それだけにトラブルも多く、水道水漏れはよくあるトラブルの一つです。中には水道管や元栓が劣化したことによりトラブルが発生するということもあります。

Read more

オススメリンク