防音機能を使う

工事中の室内

防音には色々なものがあります

防音というと多くの人が気にしていることだと思います。外からの音がうるさかったり、部屋で音楽を大音量で聴きたかったりとその用途はたくさんあります。その際に一番良いことはもちろんリフォームをして防音室にすることです。壁の材質から違いますし、窓も音が全く漏れないものがあります。更にドアも防音性のある厚い特殊なものに変えるので、静かな深夜に大声を出しても大抵は外には音がもれないという仕組みになっています。しかし問題点はあり料金が100万円ほどかかります。効果は他の追随を許さないほどですが価格もかかるというのが欠点です。また6畳の部屋だと壁などを厚くする必要があるために5畳ほどの広さになってしまいます。

一番のおすすめがあります

防音室は無理という人は防音カーテンを利用します。しかしカーテンの部分だけが防音になっていても大きな効果が無いので、あまり意味がありません。私がオススメするのは簡易工事で取り付けできる防音パネルです。1日で終わるような工事なのですが特殊なパネルを壁に取り付けます。音を見事に吸収してくれて、音があまり外に流れないようになっています。もちろん防音室までの性能はなくて本格的に音楽をする人にはおすすめできませんがちょっとした趣味でやっている人や外からの音を防ぐというくらいにはとてもオススメできます。料金も手ごろで10万円もあればできます。私もパネルとカーテンを組み合わせていますが、結構な防音効果があると思い使っています。